ギルドデザイン 『iPhone7』,『iPhone7Plus』対応製品 登場!
コンセプト「お客様のスマートフォンを守る」は、iPhone用ケースの開発を始めてから6年間、一貫して変わっていません。
今回 iPhone7,iPhone7Plus対応ケースもあえて特異な変更を行わず「正常進化」を求めて「より使いやすく、より守る」をテーマに設計、製作を行いました。

ケースの材質には航空、宇宙、レース部品に使用される「A2017」と呼ばれるジュラルミン無垢材を使用。
その中でも最高品質と言われている古河スカイ製のジュラルミンA2017Sを採用しています。

ソリッドバンパーの四隅が出っ張っているのは単なる見た目のデザインではなく、落下の際、四隅からの衝撃を吸収するために 「必要な肉厚」として設計されたものです。
この四隅がスマートフォンを守る大きな役割を果たしています。

ジュラルミン無垢材から精密に削り出した軽量で高剛性のケースでiPhone本体を外部の衝撃から守ります。


お客様から「ギルドデザインのケースはどれも4隅が出ていてどの機種も代わり映えしない」とご意見頂くことも有ります。

通常スマートフォンが落下する場合、傾いて四隅のいずれかの角から落ちる事が殆どです。
よくある「四隅も同じ肉厚のアルミケース」は落下の衝撃で変形の恐れがあります。
弊社ケースは3DCADによる応力解析はもちろん、何よりも実際の落下テストを重視し幾度となく行い、何度落としても変形せず使用出来るケースとして設計されています。

「使いやすく、守るケース」を設計していくとあの形状になってしまうのです。

ギルドデザインのケースは見た目が派手でもありませんし、ボルトで着脱するので少し手間です。
それでも優先したのは「ストレスを感じない操作性」、「万が一の落下、屈折荷重にも耐える構造」です。
たとえギルドデザインケースがボロボロになってもお客様のiPhoneを最低でも2年間は守りたいと考えています。

操作性の追求
iPhone7,iPhone7Plusに装着しても違和感が無く、持ちやすいように何度も試作を繰り返し完成されました。
ライトニングケーブル、ボリュームボタンなど全ての部分は操作性に影響が無いように設計されています。
繊細なレンズ表面を可能な限りプロテクト。

ボルトの緩み防止にゴム製Oリングを付属いたしました。
ネジと一緒に装着すれば緩みが解消されます。

iPhone7,7Plus対応ケースにもストラップホールを標準装備。
正面左下にストラップが付けれますので通話中も邪魔になりません。ポケットにもスムーズに入れる事が出来ます。

別売りのカラーボルトセット(型番:GI-305)もボルトサイズが同じなのでiPhone7,7Plus対応ケースにも使用可能です。

クレードル(Apple純正 Lightning USBケーブル対応)もiPhone7,7Plusに対応しています。
ケースを装着しながら使用可能です。



シルバー

シャンパンゴールド

ポリッシュブラック

ブラック

レッド

ポリッシュ

ブルー

グレー



シルバー

シャンパンゴールド

ポリッシュブラック

ブラック

レッド

ポリッシュ

ブルー

グレー



シルバー

シャンパンゴールド

ポリッシュブラック

ブラック

レッド

ポリッシュ

ブルー

グレー



シルバー

シャンパンゴールド

ポリッシュブラック

ブラック

レッド

ポリッシュ

ブルー

グレー


アルミから一枚一枚削り出した背面パネル。
iPhoneの背面を保護するだけでなく、市松柄のパネルとアルミケースの着せ替えをお楽しみ頂けます。
お客様の大切なiPhoneの背面を守ります。
※パネル単品での使用不可。ケースとのセット販売ではございません。 ギルドデザイン製iPhone7,iPhone7Plus対応ソリッドバンパー専用品です。

アルミパネル市松 iPhon7用ソリッドバンパー対応

iPhone7用シルバー&ブラック

iPhone7用シルバー

iPhone7用ブラック
アルミパネル市松 iPhon7Plus用ソリッドバンパー対応

iPhone7Plus用シルバー&ブラック

iPhone7Plus用シルバー

iPhone7Plus用ブラック

ポリッシュブラックについて

通常カラーのブラックは切削後に洗浄→アルマイト処理されたものですが、ポリッシュブラックは切削後にバフ研磨→洗浄→化学研磨→アルマイト→バフ研磨されています。
iPhone7のカラーラインナップ「ジェットブラック」によく似合う最適なカラーに仕上がります。
(iPhone7のカラーラインナップ「ジェットブラック」と全く同じ表面処理ではございません)

ポリッシュとシルバーの違いについて

ポリッシュ
アルミ地を研磨(バフ処理)することで表面に艶をもたせる処理です。
鏡のような仕上がりになるので物がはっきり写りこみます。
その為、指紋が目立ちやすく、傷が付きやすいなど繊細な取り扱いを必要としますが、手触りは滑らかになり表面がピカピカに磨かれ、大変きれいな仕上がりになります。
(画像はiPhone6/6s用ソリッドです)

シルバー
アルミの表面にアルマイト(陽極酸化処理)を施しています。
表面に強力な膜を作ることで、表面が硬くなり傷がつきにくくなります。
他に指紋が目立たない、汚れが付きにくいなどが特徴です。
(画像はiPhone6/6s用ソリッドです)

MADE IN JAPANへのこだわり
ギルドデザインのアルミケースに関するすべての物は日本で作られたモノとなっています。
この徹底した『メイドインジャパン』へのこだわりこそが、お客様に安心して使用して頂ける高品質なケースの自信へとつながります。
信頼の日本製を使用するからこそ得られる『高品質』をぜひ体感してください。

また今回ギルドデザインは企業の社会的責任の一環として弊社スマートフォン用アルミケース製品に関わるサプライヤー様をご紹介し、 お客様に対して「メイドインジャパン」の説明責任を果たします。

サプライヤー様企業は以下の通り(順不同)。()内は工場所在地

●ジュラルミン(ケース素材)
株式会社UACJ(福井県坂井市)
http://www.uacj.co.jp/(旧古河スカイ株式会社)
●ケース切削
日本電産コパル株式会社(新潟県六日町)
http://www.nidec-copal.com/
●ケース切削
株式会社エムテック(宮崎県日向市)
●ケース切削
有限会社ギルドデザイン(三重県亀山市)
https://www.gilddesign.com/
●エラストマー(衝撃吸収材)
アサヒ化工株式会社(三重県鈴鹿市)
http://asahikakou.com/company/
(※素材は住友化学株式会社製)
●シリコン(衝撃吸収材)
ギルドデザイン(三重県亀山市)
(※素材は信越化学工業株式会社製)
●スポンジ(梱包用)
株式会社メイテック(三重県伊賀市)
http://suponjiya.co.jp/
●固定用ネジ
有限会社浅井製作所(埼玉県草加市)
http://nejikouba.com/
●トルクスレンチ(付属工具)
TONE株式会社(大阪府)
http://www.tonetool.co.jp/
●パッケージ(箱)
オリカ株式会社(富山県射水市)
http://www.orika-kk.co.jp/index.html
●アルマイト(表面処理)
東和技研金属株式会社(大阪府東大阪市)